Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hako610.blog40.fc2.com/tb.php/6-9c4597e0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2]

民主党を代表しての答弁さすがでした。
主張されていたことが十分に伝わりました。
党をあげて今後もご活躍されること期待しています。
はずかしいのは自民党の方だと改めて思います。
売り言葉に買い言葉なのは安倍総理のほうです。
国のことを本当に考えているには民主党です。
奴らに負けないよう頑張ってください。

縦読みワロタ。
  • 2013-04-05
  • kirクン(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

憲法13条がなぜ最も重要な条文なのか

http://blogs.yahoo.co.jp/konishi_hiroyuki_524/archive/2013/04/04


私が、安倍総理に、「日本国憲法で一番大切な条文は何ですか?」と質問した時に、予算委員会の議場にいた自民党の議員の多くは「優先順位など付けられない」と笑ってヤジを飛ばしてきました。

また、安倍総理を始めとする閣僚席の大臣たちも、「何を馬鹿なことを。一つには決められない。」と笑っていました。

他方、参議院のインターネット中継の動画を見て頂くとお分かりになるように、この問いに始まった私の質疑を、終始真剣な表情でじっと耳を傾けてくださっている与党議員や野党議員もいらっしゃいます。

憲法13条がなぜ、最も重要な条文なのか。

それは、私が質疑の中で述べたように、この条文の中に、「憲法は、一体何のために、何を実現するために存在しているのか」、そして、「そのために、国会や安倍総理率いる内閣が何をどう為さなければならないのか」が書いてあるからです。

そして、憲法の他のすべての条文はこの13条を最大限に実現するために存在しているからです。

この内容を、分かりやすく記した文章をこの度ネットの中で見つけることができましたので、ご紹介させて頂きます。 (※ 以下の引用についてはご了承を頂いておりますが転載の責任は私にあります)


弁護士・伊藤塾塾長 伊藤真オフィシャルサイト
「ご挨拶」
http://www.itomakoto.com/greeting/index.html

ーーーご参考ーーー
第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

■小西による13条の噛み砕いた内容
「すべての国民はそれぞれの人がかけがえのない尊厳を持つ存在として尊重されなければならない。そうした一人一人の国民は、その一度きりの人生を精一杯最大限幸せに生きる権利があり(=幸福追求権)、それがその人だけの幸せのためではなく他の人の幸福追求との調和を確保しながら、その幸福の最大限の実現のために全力を尽くしていくのが国会や内閣を始めとする国政の責務であり、国会や内閣などはこのために存在する。」

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hako610.blog40.fc2.com/tb.php/6-9c4597e0

0件のトラックバック

1件のコメント

[C2]

民主党を代表しての答弁さすがでした。
主張されていたことが十分に伝わりました。
党をあげて今後もご活躍されること期待しています。
はずかしいのは自民党の方だと改めて思います。
売り言葉に買い言葉なのは安倍総理のほうです。
国のことを本当に考えているには民主党です。
奴らに負けないよう頑張ってください。

縦読みワロタ。
  • 2013-04-05
  • kirクン(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kirクン

Author:kirクン
This site is link free.

他ブログ、twitter、知恵袋、ろくにコメントをつけられないネット環境に嫌気がさしてこのブログを作りました。

このブログの製作者は「kirクン」ですが、コメントは記事を書いた本人にあてたもので結構です。

コメントが制限されない理想郷がここにはある。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。